基本の考え方

 

・愛する順番   

     

1 空気・自然

2 先祖・両親

3 自分

4 家族・友人

5 人類 (家族・友人以外のすべての人)

6 理想 (仕事、お金、異性、健康、心身の美しさ、若返りなど)

7 理想の実現

 

・人を大切に ものを大切に

・恩にきて 恩にきせず 恩返しをする

・自分に起こることは全て自分がやっている(人のせい、何かのせいはない)

・嘘をつかない(他人だけでなく自分に対しても)

・自分の経験だけが真実、経験していないことは“分からない”

・自分を信じる(自分の人生は自分で運転する、他人任せにしない)

・神さまはひとつ(何かは分からない、特定のイメージを持たない)

・人類はひとつ(嫌いな人を作らない、自分を痛めることになる)

・地球一体(自分を含めこの世のものはすべて神さまのものと考える)

・その他

 

 

神さまが何かは分からなくても、上記に合わない生き方は間接的に神さまを裏切ることになります。空気も食料も生きる上で必要なもの何もかもを与えてくれている神さまを裏切っているのに、都合よく神さまの力である「自然の力」を利用することはできません。

逆に、神さまはいると思える人が自分の生き方を正して美しい心で生きようと決めれば、神さまからの応援が入ってきます。あなたの命と人生は神さまからの授かりです。

 

何かの問題が表面化しているということは、間違ってきた路線を変更してほしいという自分からのSOS発信であり“もっともっと幸せになれるはずだ!”と本当の自分が叫んでいるようなものです。

そのことに気づいて考え方を切り替えれば、これまでの神さまへの裏切りは全部「自然の力」で水に流してくれます。

 

 

汚れてしまった器の中の水はいったん捨てて、きれいな水に入れ替えてもらったら、あとは漏らしたり、捨てたり、汚したりしないようにすることで良い結果が手に入ります。