いろいろな改善 · 2020/09/12
新しい風が入って抜けていくイメージで、身体全体、症状のある部分、土地、家や所有物、お金、思考に至るまで、ありとあらゆるものを対象にして、入る穴と出る穴を開けて、見えない世界を改善している。 不調を感じる対象をチェックすると間違いなく穴が塞がっている。 中が淀んでしまい、いろいろなことに支障をきたす。...
思うこと · 2020/09/01
個人的に興味深い発見をした。 10年以上前、何かのきっかけで自分の心が清々しい気持ちになれた時、当時は知らなかったヴァイオリンの名曲「シャコンヌ」を聞いて、涙が溢れて止まらないほど感動したことがあった。多くのヴァイオリニストが「シャコンヌ」を演奏しているのを知って、プロがこの曲を演奏したくなる絶対的な理由があると感じた。...

思うこと · 2020/08/19
ほとんどの人は家族のため、お金のために生きているけれど、魂のために生きると決めてからはいろいろなことが全て上手くいくようになった。 時間に追われなくなった。 焦らなくなった。 不安がなくなった。 楽になった・・・。 体も10代、20代の若い時の感覚に戻りつつある。 小学生の頃得意だった徒競走、あの興奮する躍動感が度々思い起こされる。...
日常のこと · 2020/08/18
スーパーでマスクメロンが半切りになって半額シールが貼ってあった。 食べごろ限界で糖度15.1%で間違いなく美味しそうだったので買ってみた。 カットするなりお行儀悪く台所で立ったままむさぼるように食べた。 あ~、幸せ!!!...

日常のこと · 2020/06/24
2日間の工事予定で自宅のテラス取付を頼んだが1日で完了した。下請け業者さんの話を聞けば、やはり会社の都合で1日で終わらせてほしいと言われ、次の日はすでに別の予定が入れられてしまったらしい。朝一番で資材を自分で受け取りに行き、それから現場に向かう道のりの渋滞ストレス、夏の屋外作業の厳しさ、脚立上で板が風に煽られる危険性などを聞くと、こちらがお金を払うとはいえ頭が下がる思いになる。会社側は2日間の予定で人件費を見積もっているはずなので、1日で作業を完了したこの下請け業者さんに1.5倍位の日給が支払われてもいいのにと思う。しかし元請け会社も様々な事情を考慮しながら経営していかざるを得ないので、こちらにもそれ相応の大変さがあるのかもしれない。 作業が安全でスムーズに完了するよう『見えない自然の力』を使って、会社、関係者、資材、土地などを浄化しておいた。 これまで概ね1人1日あたり1000円の心付けを渡すようにしてきたので、帰られる時に2000円の寸志を手渡した。 子供が大学を卒業するまでは頑張りたいと話をしていた、50歳目前のこの男性にも幸あれ!
応援する · 2020/06/19
ここのところ、その産直売り場には応援すべき生産者がいないという『見えない自然』からの答えが続いている。...

日常のこと · 2020/06/12
クレンジングを変えて3ヶ月ほど過ぎた。肌がきれいになってきて嬉しい。自分に合うかどうかを『見えない自然』にチェックしてみて正解だった。コマーシャルに惹かれて高価な化粧品を使えば美しくなれるとは限らない。人それぞれの肌の個性もある。自分が幸せになれる商品を探しながらも、その商品を提供している会社が人の美しさに貢献し、人を幸せにしたいという本物の理念を持つ会社を応援したい。常に世の中は流動し変化し新しい商品が出てくるので、自分が使っている化粧品や日用品は時々チェックした方がよさそう。『自然』からみて正しい会社が発展し、自分が幸せになるために。
思うこと · 2020/06/10
自分の体に起こる様々な症状。その症状に不安を覚え、自分の外に解決策を求めて迷い悩む昔の自分と、自分の体に起きている状態や症状が全て自分の中にある原因を取り除くことで、なおかつ絶対的な自分との信頼関係の中で解決できると知った今とでは、天と地ほどの違いがある。まさに天国と地獄のように違うと言っても過言ではない。...

思うこと · 2020/06/08
自然の中で生かされている以上、目に見える自然だけでなく、『見えない自然』を味方につければ間違いなく上手くいく。自然の中に見えない力が存在すると思える人であれば・・・の話ではある。...
思うこと · 2020/06/02
スーパーで30代くらいの女性がレジカゴを持たずに豆腐ともう1つ2つの商品を片手に持って買い物を続けているのが気になった。案の定、その手から豆腐が落下し「ぱしゃっ!」と音を立てて床に散らかった。どうするのかと思って横目で見ていたら、商品陳列をしている従業員に「すみませ〜ん、落ちちゃったんです〜」と言い、その人に「大丈夫ですよ」と言われて新しい豆腐を貰うと、何事もなかったかのようにまた買い物を続けていた。 商品陳列の作業を中断して掃除道具を取りに行き、床に落ちた豆腐を片付けているその従業員さんを見ながら、自分の感情の視点がずいぶん変わったことに気付いた。 少し前の私なら「カゴも持たず自分の不注意で商品をダメにしてこの人、何考えてんの!」と怒りがこみあげていただろう。でももっと以前の出来悪すぎ時代の自分を考えれば、そんな立派なことを言えるのか??? 相手の立場になって考えることもできず、彼女と大して変わらないことをしていたんじゃないの?とも思えた。 何も言わず当然のごとく掃除をしている従業員さんに、頭を下げて豆腐代金2倍位をお詫びに払いたい気持ちの今の自分がいる。 仕事帰りらしき綺麗な洋服を着たその女性と従業員さんの一コマが、自分の成長を見せてくれたのだった。

さらに表示する